M5Stack Thermal Camera

AMG8833を利用したThermal Camera を 試作しました。

AMG8833:赤外線アレイセンサ Grid-EYE

説明
1. パナソニックのセンサーです。
2. 8 x 8赤外線グリッドアレイ(64ピクセル)。
3. 0℃〜80℃ の 範囲の温度を+ 2.5℃ の精度で測定します。
4. 最大7メートル の距離から人間を検出することができます。
5. 最大フレームレート10Hzで、独自の人感センサーやミニサーマルカメラ作成に最適です。
6. センサーはI2Cを介して通信します。
7. 人の活動を検知して、エアコンや照明を制御。 自動ドアやエレベータで人を検知に最適です。

 

M5Stack

M5Stackは、320 x 240 TFTカラーディスプレイ、microSDカードスロット、スピーカーを備えたコンパクトで便利な開発モジュールです。ESP32を搭載しているため、Wi-FiおよびBluetooth通信を扱え、Arduino環境での開発が可能です。

ソースコード

最初のソースコードはhkoffer / M5Stack-Thermal-Camera-:AMG8833 8×8 を補完し 24×24 で実現。こちらすべて収める3Dケースのデータがあるので、いつかプリントしたい。

実際利用したのは、m600x の機能アップ版 :  https://github.com/m600x/M5Stack-Thermal-Camera

参考記事:

M5Stack Thermal Camera Part 2

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *