M5Stack Thermal Camera

AMG8833を利用したThermal Camera を 試作しました。

AMG8833:赤外線アレイセンサ Grid-EYE

説明
1. パナソニックのセンサーです。
2. 8 x 8赤外線グリッドアレイ(64ピクセル)。
3. 0℃〜80℃ の 範囲の温度を+ 2.5℃ の精度で測定します。
4. 最大7メートル の距離から人間を検出することができます。
5. 最大フレームレート10Hzで、独自の人感センサーやミニサーマルカメラ作成に最適です。
6. センサーはI2Cを介して通信します。
7. 人の活動を検知して、エアコンや照明を制御。 自動ドアやエレベータで人を検知に最適です。

 

M5Stack

M5Stackは、320 x 240 TFTカラーディスプレイ、microSDカードスロット、スピーカーを備えたコンパクトで便利な開発モジュールです。ESP32を搭載しているため、Wi-FiおよびBluetooth通信を扱え、Arduino環境での開発が可能です。

ソースコード

最初のソースコードはhkoffer / M5Stack-Thermal-Camera-:AMG8833 8×8 を補完し 24×24 で実現。こちらすべて収める3Dケースのデータがあるので、いつかプリントしたい。

実際利用したのは、m600x の機能アップ版 :  https://github.com/m600x/M5Stack-Thermal-Camera

参考記事:

M5Stack Thermal Camera Part 2

ESP32-CAMをテスト

Aliexpressで昨年8月購入した5ドル+送料の激安 ESP32-CAMは放置したまま、冬休み期間テストしてみることに。

ESP32-CAM自体シリアルーUSB通信機能がないので、プログラムを書き込んだりするためにはUSB/TTLシリアルコンバーターが必要になる。300円でAmazonから購入した、Raspberry Pi ラズベリーパイ用の USB-TTLシリアルコンソールのUSB変換COMケーブルモジュールのケーブル を使用した。黒い台はDonkeyCar 車台の不良品を利用。黄色テープも地面にDonkeyCarのトラックを作る際用意したもの。

IMG_3272

配線部分を拡大した写真です。青い線は、書き込み時には、ESP32-CAMのIO0とGNDをショートして行う。

USB-TTL ESP32-CAM
TXD ( 緑 ) UOR
RXD ( 白 ) UOT
( IO0 – GND )
5V 5V
GND GND

IMG_3266

ブラウザで、いろいろ操作できそう。

一応、顔の登録と認識までできたが、後日また補足する。

 

 

M5Stack (1) MultiApp-Advanced

クリスマスの季節に、クリスマスソングが聴きたくなり、ネットラジオがいいかなと、以前から念願のネットラジオため集めった部品とESP8266, ESP32を使って見たけど、うまくいかない。

M5Stackでネットラジオ出来ないかと試して見た。

試してみたのは以下のソフトです。
ネットラジオやゲームやオシロ、Webサーバ、天気予報、WiFiモニタなどM5Stackでできることを一まとめにしたアプリケーションです。

botofancalin/M5Stack-MultiApp-Advanced: A M5Stack firmware made on PlatformIO

結果的に大成功!

PlatformIO IDEのインストール

Visual Studio Code(vscode)にPlatformIO IDEののプラグインをインストールする。

PlatformIO IDEはインストールが完了すると,エディタ上にホーム画面が表示される。

コードダウンロード

cd Documents/PlatformIO/Projects

git clone https://github.com/botofancalin/M5Stack-MultiApp-Advanced

Build

PlatformIO IDEから開いて。

ビルドはウインドウ左下のチェックマーク、M5Stackへの転送はその隣の矢印マークをクリックします。

無事、動作が確認できた。