Category Archives: WeMos D1 Mini (a) display

WeMos (4) 1602 LCD i2c 表示

1602 LCD直接繋ぐと、6つのデジタルポートを占有(4つデータワイヤ+2の制御ワイヤが必要)し、GPIOはたくさん消耗するので、i2cを利用すると2つのアナログポートが足りる。

下記のURLから、ライブラリを利用

https://github.com/agnunez/ESP8266-I2C-LCD1602

しかし、表示がない!

持っている他のUno, Nanaに試したら、ちゃんと表示した。

LCD address to 0x27も間違いない。

どうして?

/*
 * 1602 LCD Sample with LiquidCrystal_I2
 * https://github.com/agnunez/ESP8266-I2C-LCD1602
 * 
 * PCF8574-----1602LCD-----WeMos
 * A0                 -----GND
 * A1                 -----GND
 * A2                 -----GND
 * VSS                -----GND
 * P0     ----- RS
 * P1     ----- RW
 * P2     ----- EN
 * P3     ----- B/L
 * P4     ----- D4
 * P5     ----- D5
 * P6     ----- D6
 * P7     ----- D7
 * VDD                -----5V
 * 
 * SDA                -----D3(GPIO_0)
 * SCL                -----D4(GPIO_2)
 * 
 */
#include <Wire.h> 
#include <LiquidCrystal_I2C.h>

// Set the LCD address to 0x27 for a 16 chars and 2 line display
LiquidCrystal_I2C lcd(0x27, 16, 2);

void setup()
{
  lcd.begin(0,2);  // sda=GPIO_0, scl=GPIO_2
  // Print a message to the LCD.
  lcd.print("hello, world!");
}

void loop()
{
  // set the cursor to column 0, line 1
  // (note: line 1 is the second row, since counting begins with 0):
  lcd.setCursor(0, 1);
  // print the number of seconds since reset:
  lcd.print(millis() / 1000);
}

「未完成!!!」したまま、やはりきになる。

// * SDA —–D3(GPIO_0)
// * SCL —–D4(GPIO_2)

接続方法が間違った感じ!

いろいろなサイト参考して、とりあえず、下記の接続方法でうまくいけそう。

* SDA —–D1
* SCL —–D2

Pin out を調べたら、I2Cその一通りのみの感じでした。

WeMosでWireライブラリを使う場合、UNOやNANOと違って、
SDAとSCLのピンが固定されていないので、SDAとSCLに好きなピンを指定できた方が便利。しかしSDA=GPIO_4 SCL=GPIO_5に固定されるライブラリと任意していいのライブラリがあるので、使い分ける必要。

D3、D4は、GND、VCCの隣にあるので、この4個をまとめてI2Cに使いたい場合、SDAとSCLに好きなピン指定に対応するライブラリを使う必要ある。

i2c scannerのプログラムで、ちゃんと検出できた

Scanning...
I2C device found at address 0x27 !
I2C device found at address 0x77 !
done

接続を見直して、今度うまくいく!

/*
 * 1602 LCD Sample with LiquidCrystal_I2
 * https://github.com/agnunez/ESP8266-I2C-LCD1602
 * 
 * PCF8574-----1602LCD-----WeMos
 * A0                 -----GND
 * A1                 -----GND
 * A2                 -----GND
 * VSS                -----GND
 * P0     ----- RS
 * P1     ----- RW
 * P2     ----- EN
 * P3     ----- B/L
 * P4     ----- D4
 * P5     ----- D5
 * P6     ----- D6
 * P7     ----- D7
 * VDD                -----5V
 * 
 * SDA                -----D3(GPIO_0)
 * SCL                -----D4(GPIO_2)
 * 
 */
#include <Wire.h> 
#include <LiquidCrystal_I2C.h>

// Set the LCD address to 0x27 for a 16 chars and 2 line display
LiquidCrystal_I2C lcd(0x27, 16, 2);

void setup()
{
  lcd.begin(0,2);  // sda=GPIO_0, scl=GPIO_2

  lcd.init();

  // Turn on the backlight.
  lcd.backlight();
    
  // Print a message to the LCD.
  lcd.print("hello, world!");
}

void loop()
{
  // set the cursor to column 0, line 1
  // (note: line 1 is the second row, since counting begins with 0):
  lcd.setCursor(0, 1);
  // print the number of seconds since reset:
  lcd.print(millis() / 1000);
}

 

おまけに、接続した気圧センサーのアドレスは0x77もわかった。

 

参考:

  • https://www.losant.com/blog/how-to-connect-lcd-esp8266-nodemcu
  • http://nopnop2002.webcrow.jp/WeMos/WeMos-24.html

WeMos (3) 1602 LCD 表示

OSが付いてないので、GUIの実現は難しい。

簡単に文字が表示できるデバイス1602 LCDを使う。

/*
 * 1602 LCD Sample
 * 
 * 1602LCD ---- WeMos
 *  GND    ---- GND
 *  VCC    ---- 5V
 *  VE     ---- Variable resistor
 *  RS     ---- D1(GPIO5)
 *  R/W    ---- GND
 *  Enable ---- D2(GPIO4)
 *  DB0    ---- N.C
 *  DB1    ---- N.C
 *  DB2    ---- N.C
 *  DB3    ---- N.C
 *  DB4    ---- D0(GPIO16)
 *  DB5    ---- D5(GPIO14)
 *  DB6    ---- D6(GPIO12)
 *  DB7    ---- D7(GPIO13)
 * 
 */
#include "SPI.h"
#include <LiquidCrystal.h>
  
/* LiquidCrystal(rs, enable, d4, d5, d6, d7)  */
LiquidCrystal lcd(5, 4, 16, 14, 12, 13); 
 
void setup() {
  // set up the LCD's number of columns and rows:
  lcd.begin(16, 2);
  // Print a message to the LCD.
  lcd.print("hello, world!");
}

void loop() {
  // set the cursor to column 0, line 1
  // (note: line 1 is the second row, since counting begins with 0):
  lcd.setCursor(0, 1);
  // print the number of seconds since reset:
  lcd.print(millis() / 1000);
}

これてhello, world!と一秒ことにインクリメント数字が表示される。

WeMos (2) 3色LED表示

3色LEDをつないて、順次点滅する。

 

#define LEDR 12
#define LEDG 13
#define LEDB 14

void setup() 
{
  pinMode(LEDR, OUTPUT);
  pinMode(LEDG, OUTPUT);
  pinMode(LEDB, OUTPUT);
}

void loop() 
{
  digitalWrite(LEDR, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(LEDG, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(LEDB, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(LEDR, LOW);
  delay(1000);
  digitalWrite(LEDG, LOW);
  delay(1000);
  digitalWrite(LEDB, LOW);
  delay(1000);
}

 

WeMos (1) Blink

Blink

動作確認のため、まずLちか(Blink)をする。

ボードから、WeMosには「D1 Mini & D1 R2」を選択する。

通信ポートは、デバイスマネージャーから見えた、CH340に割り当てた通信ポート(COM3など)も設定して下さい。

「wemos windows config」の画像検索結果

MacOSの場合、次のように設定する。

スクリーンショット 2016-12-06 21.48.39.png

(LEDはGPIO 5 に接続)の場合のスケッチ。

WeMosの内蔵LEDを利用する場合、プリグラムは次のように

#define ESP8266_LED BUILTIN_LED

void setup() 
{
  pinMode(ESP8266_LED, OUTPUT);
}

void loop() 
{
  digitalWrite(ESP8266_LED, HIGH);
  delay(500);
  digitalWrite(ESP8266_LED, LOW);
  delay(500);
}

参考

  1. http://www.esp8266learning.com/
  2. https://www.baldengineer.com/esp8266-5-reasons-to-use-one.html